フィーバーズ vs 川崎オジンズ 014年 4月12日(土)

2014年 4月12日(土)
天候:晴れ

場所:三鷹大沢グランド

フィーバーズ vs 川崎オジンズ
25分 × 2

今年5月で創立20周年を迎えるという川崎オジンズ。
メンバーが心配されたが、当日はきちんと人数を揃え、必勝ムードである。
フィーバーズも吉岡君グループ、伊勢丹グループなど多彩な顔ぶれで、
負ける気がしないチーム編成となった。

試合結果と得点状況

記録:/長谷川

フィーバーズ vs 川崎オジンズ
20分×2 + 15分

前半: ( 0-15)
後半: (30- 0)
+15:(10- 0)
合計: (40ー15)
尚、ゴール無しのトライゲーム

レフリー:ストラグの人(関東協会B級)、金田さん

応援:底押、その他大勢

前半
(-> は途中交代)
1.田中(吉岡G) 2.高橋 3.渡部(伊勢丹)
4.バース 5.末吉
6.吉岡 7.府川 8.旭澤
9.新沼 10.小澤 -> 田中
11.多久 12.米谷 13.原 14.高井(吉岡)
15.本田

敵BK、特にCTBは見かけ以上に俊足で腰も強く、再三ラインを突破される。
2次防御でどうにか止めてはいたが…
5分:
自陣22m内側で敵ラインアウト、BKへまわされトライされる。
(センタークロス??)
( 0- 5)
6分:
リスタートをつながれ、タックルが甘くなって敵BKに抜かれトライされる。
( 0-10)
18分:
ようやく敵陣にも入れるようになったが、中央付近のこぼれ球を奪われ、
そのまま約40m走られてトライされる。
( 0-15)

後半
(-> は途中交代)
1.田中(吉岡) 2.吉岡 3.原田(吉岡)
4.平松 5.吉川
6.吉田 7.清田 8.旭澤
9.橋本 10.中島
11.安藤 12.小林 13.外山 14.田中
15.作田

メンバーをほとんど入れ替えて後半に臨む。

4分:
FWで優位になり、敵ゴール前へせまる。
ラックでターンオーバーしBKへ。ライン参加の吉田トライ。
( 5- 0)
5分:
リスタートキックを平松がカウンター。スルリスルリと敵陣20m近くへ快走。
ラックから出たボールをつないで、橋本トライ。
(10- 0)
8分:
敵ゴール前10m付近でマイラインアウト。モールからラックへ。
吉川力強くサイドを抜けてトライ。
(15- 0)
10分:
自陣からBKでつないで、中島トライ。
(20- 0)
15分:
中央から吉川爆走しトライ。
(25- 0)
18分:
敵陣22m付近のラックから右ラインへ、田中インサイドへ切れ込み、
ゴール直前でタックルされるも勢いでインゴールへ押さえる。
(30- 0)

プラス15
(-> は途中交代)
1.バース 2.高橋 3.原田
4.末吉 5.吉川
6.吉田 7.府川 8.渡部
9.長谷川 10.作田->新沼
11.米谷 12.小林 13.原 14.安藤
15.本田

フィーバーズ優勢なるもゴールを割れず。
7分:
右ライン際へ詰められた新沼、究極のチョンパンでディフェンスの後ろへ上げる。
すれ違って突進すると、ボールは新沼に言いくるめられたかのように懐へ。
10m走ってトライ。
( 5- 0)
鉄人新沼から、業師新沼へ変身か…。
10分:
またもや新沼右サイドへ。
今度はひらりひらりと敵をかわし快走。トライ。
(10- 0)

ノーサイド
試合が始まった頃はかみ合わなかった、FWの剛とBKのスピードが、
前半の終わりからかみ合うようになり、以後は敵を圧倒していた。
新メンバーとして小澤君、清田君、安藤君が加入し、
平均年齢は40台中頃ではあるが、強いフィーバーズを感じる。
吉岡グループ、伊勢丹グループの今後のさらなる参加を期待したい。

入会希望の方

入会希望の方は、運動のできる格好を用意して、試合案内のある現地に直接お越しください。

連絡時のご注意

お問い合わせのメールを頂く場合には、正確なメールアドレスをご案内ください。