ぜんかいビアーズ戦 報告

2012年11月18日(日)
天候:晴れ

場所:三鷹横河グランド

フィーバーズ vs ぜんかいビァーズ 25分×2

前に試合をしたモッコス同様首都リーグの老舗、強豪チームとの初めての試合。
キャプテン:アダム、代表:服部のいないフィーバーズにとって、実力を問われる試合となる。
メンバーは横河グランドとあって、20名近く集まった。
初出場は横河OB高田君WTB、FB、三洋OB(現在は横河電機勤務)徳重君SH。
尚、ポール無しのトライゲームとした。

試合結果と得点状況

記録:/長谷川

フィーバーズ vs ビァーズ
30分×2

前半: ( 4- 2)
後半: ( 3- 3)
合計: ( 7ー 5)
(トライ数)

レフリー:河地さん(関東協会)
アシスタントレフリー: バース、成田

応援:大勢

前半
(-> は途中交代)
1.八嶋 2竹村 3.高橋
4.平松 5.山崎(横)
6.府川 -> 大田 7.伊藤 8.旭澤
9.新沼(鉄人) 10.川又
11.高田(横)->徳重 12.草柳 13.小瀬澤 14.多久
15.嶋木->高田

開始早々5分、府川が怪我で退場、大田がFLへ交代出場。
5分:
中央ラックから右ラインへまわされ、タックルをかわして裏へ出られトライされる。
BKのディフエンスがスピードに追いついていない。
( 0- 1)
8分:
敵陣中央付近のラックサイド山崎が突進し川又家パス。
川又相手ラインの裏狙いのキック。
本来蹴るべきでは無い状況と思われたが、
今回から参加の快足WTB高田が追いつき、
敵インゴールへ持ち込んでトライ。
( 1- 1)
13分:
中央のラックをからサイドを抜かれてトライされる。
( 1- 2)
20分:
敵陣深く入り、敵ゴール前でPKを得る。
大田タップキックから持ち込み、タックルを振り切ってトライ。
( 2- 2)
27分:
再び敵ゴール前。マイラインアウトからモールを押し込む。
大田が再びサイドを抜いてトライ。
( 3- 2)
30分:
敵陣22mのマイラインアウト。
BKへ回して、草柳スワーブで抜いて、逆サイドから走り込んだ多久へ。
多久そのまま駆け抜けてトライ。
( 4- 2)


後半
(ー> は途中交代)
1.桜間(サ)->高橋 2.竹村 3.岩間
4.天田 5.伊藤->平松
6.大田 7.吉田 8.山崎
9.徳重->長谷川 10.川又->木村
11.新沼 12.草柳 13.小瀬澤 14.多久->川又
15.高田

0分:
後半開始早々自陣22m付近のスクラムを押されサイドを抜かれてトライされる。
( 0- 1)
10分:
自陣22m付近から木村、新沼、高田とまわして自陣から一気に敵陣深くへ。
敵ゴール前の敵ラインアウトをストール。
ラックから平松サイドを抜いて、低重心走りでトライ。
( 1- 1)
19分:
敵陣から小刻みに繋がれて左に回されトライされる。
( 1- 2)
27分:
中央敵陣よりラックから木村へ。
一瞬止まったかのようなチェンジオブペースで敵が戸惑う間に、
木村、大きなストライド走りで一気にゴールへ。トライ。
( 2- 2)
30分:
BKへまわし、小瀬沢が抜いて草柳へ、草柳タックルをかわしてトライ。
( 3- 2)
最後の1プレーで敵12番に走られトライ。
(3-3)

ノーサイド

強豪ぜんかいビァーズ相手に、フィーバーズ頑張りの勝利。
ビァーズは平均年齢35歳ぐらいだとか。
元キャプテン作田君の同僚がビァーズのメンバーでした(名前失念)
綺麗なラグビーで気持ちの良い試合でした。
定期的に試合を組んで行こうと思います。
大田君、高田君、山崎君など横河OB(旭澤君、吉田君、多久君もか)も
フィーバーズにマッチしたプレーで大いに貢献。
さらに山洋電機OBの徳重君は、層の厚いフィーバーズSH軍団を
またまたハイレベルに引き上げました。
最早、SH経験者でBKラインが2本組めそうな勢い…
グレーガンは故郷へ去るのでありましょうか…

追記:
今回は怪我人が続出しました。
府川君ひざの靱帯(軽傷??)
嶋木君鎖骨骨折(今期絶望、来春まで静養)
伊藤君顔面強打(詳細不明)

次は怪我の無いよう頑張りましょう。

入会希望の方

入会希望の方は、運動のできる格好を用意して、試合案内のある現地に直接お越しください。

連絡時のご注意

お問い合わせのメールを頂く場合には、正確なメールアドレスをご案内ください。