戦績・活動記録中心のブログです。

2012年10月以前のものは、こちらのリンクをご覧ください。

http://6717.teacup.com/fevers/bbs/368

2017年

9月

17日

山梨遠征

吉田です。

遠征お疲れさまでした。

試合内容です。

 

9/17() vs山梨不惑

 

1st, 2nd25分)、3rd(赤パン15)

 

1st

10分(山梨):ターンオーバーから右オープンにまわされ、WTBに内にステップを切られてトライ。(0-5

15分(Fs):相手陣20m付近で相手スクラムボールを奪取。すかさずサイドをついて連続ポイント。G前平松がもぐってトライ。(7-5

25(山梨)ラインアウトからオープンに廻すもPK取られて、右に展開されてまたもWTBに内のステップを切られてトライ。(7-10

 

2nd

3分(Fs):相手陣20m付近のPKからオープンに展開。つないで旭沢がトライ。(14-10

6分(山梨):相手陣10mスクラムからオープンにまわされてトライ。(14-17

11分(Fs):相手陣G前ラインアウトモールで二郎トライ。19-17

18分(山梨):自陣10mのモールからオープンにまわされてトライ。(19-24

24分(Fs):相手陣Gまで連続攻撃で迫り、最後はPKから野々村が突っ込みトライ。(26-24

 

 

3rd (トライ数のみ)

G前のラックサイドを原口がすり抜けて、新井に渡りトライ。(1-0

G前のPKから飯野が自力で突っ込んでトライ。(2-0

最後は敬老の日ということもあり、思いやりのディフェンスで終了間際にオープンに廻されてトライ献上。(2-1

 

【メンバー】

 1st      2nd         3rd                    1st         2nd         3rd        

1.     八嶋 →        飯野       9.           宮地       伊藤清   宮地

2.     竹村 野々村 竹村 10.     作田                 原口

3.     じろう → 新井       11.         多久  嶋木      多久

4.     平松 山崎常 →       12.         大西       山崎豪   大西

5.     斎藤 → 平松           13.         米谷       本田       米谷

6.     野々村 吉田 →       14.         安藤       外山       安藤

7.     府川 阿部 府川       15.         嶋木       服部      

8.     阿部 旭沢 →

以上

2017年

7月

08日

7月8日試合結果報告

2017年7月8日(土)
天候:晴れ 強烈に暑い・・

場所大沢グランド

今シーズン最後の試合
真夏日に近い強烈な暑さで、暑さとの戦いでもあった。
相手は川崎オジンズ。
東京マスターズでフィーバーズと引き分けたフェニックスに完勝して、
実力はかなりアップしているようである。
フィーバーズは30余名が集まり、人数の面では圧勝している。
中島君(横河)が久々の出場、盛岡工業で、旭沢君の後輩、
斎藤君の先輩にあたる山崎君(44歳)が初出場である。

スクラムハーフが、長谷川以外不参加のため、
前半は往年を思い出して吉田君、後半半分は将来に備えて久保君に
スクラムハーフを依頼することにした。

25分前後半で、ポールなしのトライゲームとする。

試合結果と得点状況

レフリー: 吉岡さん(関東協会)
アシスタントレフリー:阿部さん(怪我のため、ゲーム不参加)
記録:長谷川、吉田

応援: 酒井さん、脇山君彼女、しずかさん(記録者詳細わからず・・・)


1本目

(-> は交代)
1.竹中 2.竹村C 3.成田(こぶ)
4.伊藤タ 5.斎藤
6.久保 7.府川 8.旭沢
9.吉田 10.中島(横河)
11.多久 12.荻原 13.本田 14.脇山
15.原

6分:
敵陣まで持ち込み、敵ゴール前の敵ラインアウト。
ターンオーバーして、FWで押し込み、伊藤(タ)トライ。
( 5- 0)

8分:
リスタートキックがノット10m。
マイスクラムから中島が敵ライン裏へキック。
脇山追い付いてトライ。
(10- 0)

11分:
自陣でラック連取され、トライされる。
(10- 5)

20分:
敵陣22m付近。マイスクラムからサイドを攻めて脇山へ。
脇山をFWでホローしラック連取。
BKへ回して、荻原トライ。
(15- 5)

23分:
敵陣入ったところ。マイスクラムサイドから旭沢サイドを抜ける。
荻原ホローしてトライ。
(20 -5)

2本目

(-> は交代)
1.岩間 2.野々村C 3.新井->渡辺(真)
4.平松 5.渡辺(真)->斎藤->府川
6.伊藤タ 7.山口 8.末吉
9.長谷川->久保 10.田中
11.原 12.山崎(旧) 13.作田 14.脇山
15.山崎(新)

10分:
平松トライ。・・・すみません、詳細は不明です。
( 5- 0)

16分:
敵ゴール前、マイスクラムから左へ展開。
ラックを連取して右へ回す。作田トライ。
(10- 0)

20分:
中央付近から久保がラックサイドを抜け出し、竹中、山崎(新)とつないで、
山崎君初参加でトライ。
(15- 0)


ノーサイド

前半 (20- 5)
後半  (15- 0)
合計 (35- 5)

暑い中、終わってみれば完勝でした。
オジンズはメンバーが揃わなかったようで、意外な完敗に残念な面持ちでした。
試合後は、三鷹「風香」にて2017年春シーズンの納会が催されました。
試合には参加できなかった、服部君、米谷君、五艘君なども集まり、
車椅子の酒井くんも参加、40名近いメンバーで大いに気勢をあげました。
2次会以降どうなったか・・・記録者には分かりませんでした。


次は合宿です。練習試合として、対不惑クラブ(白紺)、上田クラブが予定されています。
この2チームを撃破して、秋のシーズンも勝ちましょう。

おしまい

2017年

5月

14日

栃木遠征報告

2017年 5月14日(日)
天候:曇り風なし

場所:森山花水木公園グランド

フィーバーズ久しぶりの遠征試合である。
場所は栃木、森山花水木公園グランド、相手は栃惑RFC白紺チーム。
赤パンの試合を行うタマスターズと乗りあわせで総勢40余名、
大型バスにて、四谷より宇都宮向けて出陣した。


レフリー: 大橋さん、飯野さん(関東協会)
アシスタントレフリー: 成田さん
メディカル:青木トレーナー

記録:長谷川


応援 安藤一家、嶋木息子、タマスターズ

25分ハーフ

前半
1.野々村 2.竹村C 3.山崎
4.阿部 5.平松
6.吉田 7.府川 8.旭沢
9.山本 10.作田
11.脇山 12.米谷 13.服部 14.脇山
15.嶋木

開始からやや押され気味で、自陣での攻防が続くが、
今日のフィーバーズはディフエンスが好く、徐々に盛り返していく。

10分:
敵陣深く攻め込み、敵ゴール前でPKを得る。
タップキックから野々村が突進し、フォロ-した平松が突撃してトライ。
作田ゴール ( 7- 0)
敵のBKの攻撃をかわして、ゴールを割らせない。

20分:
FWで敵陣へ入り込み、敵陣22m付近のPKからFWで押し込み、
ラックサイドを旭沢が抜け出して、敵ディフエンスを弾いてトライ・。
作田ゴール (14- 0)

21分:
リスタートキックをキャッチした平松へ、敵のハイタックル。
PKをタップから山崎が突進し、敵背後へキック。
顔の向き(本人の意思)とは全く違う方向へ蹴られたボールだったが、
さすが、同人種の服部が予知したように追いつき走りこむ。
安藤、快速を生かしてフォローしてトライ。
ノーゴール (19- 0)


後半
1.野々村 2.竹村 3.八島
4.末吉 5.斉藤
6.阿部->平松 7.府川 8.旭沢->阿部
9.長谷川->服部 10.作田
11.安藤 12.外山 13.原 14.脇山
15.嶋木->山本

1分:
中央付近のスクラムから、狭いサイドを攻め込み、
嶋木のキックを安藤が押さえてトライ。
(嶋木絶妙のキック)
ノーゴール ( 5- 0)

7分:
敵もこのままでは納まらなく、BKの波状攻撃で自陣へ攻め込む。
自ゴール前でペナルティを取られ、タップキックからラックになり
SHに飛び込まれてトライされる。
ゴール ( 5- 7)

25分:
一進一退の攻防が続く。
このままでは後半負けになるフィーバーズは終了間際、敵陣ゴール近くまで迫る。
マイラックから服部の早い球出し(ナイスパス・・よ!ベルギー代表候補!!)、
竹村、山本まで回って、山本トライ。
これで、後半逆転。
ノーゴール (10- 7)
ノーサイド

結果
前半 (19- 0)
後半 (10- 7)
合計 (29- 7)

出発時にY嶋君の寝坊でドタバタして、先が思いやられたが、予定通り到着し、
前日の雨でやや湿り気味ではあったが、よく整備された素晴らしいグランドにみな感激。
鮎を焼く匂いに、やる気満々となる。寝坊したY嶋君も遅れて到着し、
フィーバーズの試合前のタマスターズ赤パンも、完封で圧倒するにおよんで、
士気も大いに高まった。
試合はほぼ互角といったところか、栃惑は混成チームの分、点差ができた。
ただ、ファンクションのビール早飲みは完敗・・・敵も少しは溜飲を下げたようである。

大橋さん、飯野さん、レフリーを突然のお願いにも関わらず、
引き受けていただいてありがとうございました。


帰途のバスも大いに盛り上がり、久々のバス遠征も、怪我人もなく、
(酔いつぶれた人はいたようですが・・)愉しく終了しました。
またやりましょう。

阿部君はそれまでに、山崎さん、浜田さんに弟子入りして、
エンターティメント修行をしておいてください。

おしまい

2017年

4月

16日

4月16日辰巳 VS 曼荼羅ヒグラシ

怪我で治療中の旭澤がHCとして試合の指揮を

とりました。

 

2017416日 辰己G 晴れ 25

12:45KO 25分ハーフ

VS 曼荼羅ヒグラシ

AR:バース

ゲームCP:野々村

BKリーダ:本田

青木トレーナー

 

前半   F50:曼荼羅M

後半     717

合計    1217

 

前半  F50:曼荼羅

1:府川

2:岩間

3:八嶋

4:平松

5:齊藤

6:吉田

7:三上

⑧:野々村

9:脇山

10:阪口

11:嶋木

12:本田

13:作田

14:安藤

15:田中

F22分 本田 インターセプト T(5)

 

後半  F717:曼荼羅

1:府川

2:岩間

3:八嶋

4:平松

5:末吉

6:山本

7:齊藤

⑧:野々村

9:脇山

10:阪口

11:嶋木

12:本田

13:作田

14:安藤

15:田中

M7分 ゴール前 Pより20番 T G

M14分 カンターアタックより 秋山氏 T

F23分 敵陣G前 右展開 本田 T G(作田)

M25分 最後のワンプレージャッカルされ右に展開 20番キレキレステップ個人技で3人抜き去りT

 

 

寸評

バースが登場も怪我で欠場タッチジャッジ要員でバックアップへ

Fevers17人ギリギリメンバー25分ハーフ

25℃と暑いなかお疲れ様でした。

 

FWの突破役いないこともあり、劣勢強いられれる

しぶといタックルで何度もあわやの場面をしのぐ展開であったが

本田のインターセプトで先行し後半へ

 

後半も劣勢であったがディフェンスでがんばるも

ミスから2Tされる、岩間のビックゲインでTチャンスもあったり

もう一歩でボールを取られ決めきれず。

終了間際の本田のトライ同点なるも

ラストワンプレーでボール渡してしまい決勝トライ許してしまう。

 

・あと一歩のプッシュ(耐え)味方くるまで少しでもがんばって確実にマイボールにしましょう。

 要所で5回程ジャッカルされてた。

・アンストラクチャーでのデフェンス&アタック切替意識早く。

 

脇山のSHでのカバーディフェンスに何度も救われました、

Fevers FW前でたときのプレーをみてみたいですね。

 

お互い気持ちの入ったナイスゲームでした。

 

次回はリベンジしましょう!!

0 コメント

2016年

12月

17日

17日土曜日 マスターズ試合結果

吉田監督より試合結果報告です。

 

1位:大塚刷毛(3勝1敗 当該対決)

2位:六郷クラブ(3勝1敗)

3位:ぜんかいビアーズ(2勝2敗 当該対決)

4位:フィーバーズ(2勝2敗)

5位:静岡クラブ(4敗)

 

1試合13分1本勝負。(スクラムはノーコンテスト)

【TOPICS】

・後でわかったことだが最後の六郷クラブに勝てば、当該対決で大塚刷毛に勝っているので優勝でした。(大塚に勝ったのはF’sだけ)

 (大塚刷毛は、以前はTOPイーストDiv2にもいた強豪です)

・六郷クラブは先週負けてリベンジに燃えてる高久さん率いる「ストラグ・フェニッス」のメンバーが応援で加わり、

 フィーバーズはノッコンやミスが相次ぎなかなか波に乗れず、トライ数は同じ2本でしたがG差で負けてしまいました。

・すべての試合において先制トライを許す立ち上がりの悪い癖が出ました。

・ぜんかいビアーズ戦はF’sの持ち味のFW縦がなく、BK展開のミスもあり自滅でした。

・新沼さんからSO専念の申し出があり2試合見ましたが、試合時間が短かったので参考外。要経過観察。

・新井さんの8:30グランド設営の呼びかけにより、なんとF’sは集合時に14人中8名と積極的な集合。

 ライン引き(入念にメジャーで計測を強要)を担当した。(ラグビーのライン・目印は一切ないことが分かった)

・吉岡は午後の部(横浜クラブ)にも出場。

 

 

応援:酒井、清田

【1st】

Vs 静岡RS

FW:山崎、竹村、竹中、平松、阿部、吉岡、野々村、旭沢

BK:宮地、新沼、安藤、作田、田中、脇山、大西

1分(静):K.Oから連続で攻められて、G前ポイントからBK展開。

              カットインで内を抜かれトライ。(0-5)

5分(F):敵陣の相手ラインアウトのこぼれ球を確保。

     BK展開して連続ポイントG前に迫る。

PKから右に展開して余った脇山が駆け抜けてポストまで回り込んでトライ。(7-5)

 

【2nd】

Vs ぜんかいビアース

FW:山崎、山本、竹中、平松、阿部、吉岡、吉田、小沢

BK:伊藤清、作田、多久、阪口、稲葉、成田、嶋木

 

1分(ぜ):自陣10m付近左ラインアウトからBK展開してパス乱れたところを蹴られて、拾われてトライ。(0-5)

6分(ぜ):自陣G前相手ボールスクラムから左オープンでつながれてトライ。(0-12)

12分(ぜ):敵陣10mから左に展開されてWTBに振り切られてトライ。(0-17)

 

【3rd】

Vs 大塚刷毛

FW:吉田、竹村、山本、伊藤毅、野々村、吉岡、小沢、旭沢

BK:宮地、新沼、安藤、大西、田中、脇山、嶋木

 

6分(大):G前PKから右隅を回り込まれトライ。(0-5)

10分(F):中央付近から右オープン。中央にボールを戻したところに安藤がボールをもらい独走。(7-5)

12分(F):中央スクラムからBK展開。つないで最後は嶋木が独走トライ。(14-5)

 

【4rh】

vs 六郷クラブ

FW:野々村、竹村、伊藤毅、平松、阿部、吉岡、小沢、旭沢

BK:伊藤清、田中、多久、阪口、稲葉、脇山、大西

 

5分(六):ラインアウトから連続で攻められて自陣G前で回されて飛び込まれトライ。(0-7)

7分(F):連続ポイントからG前、伊藤清がもぐってトライ。(5-7)

9分(六):自陣10付近の相手ラインアウトを押されて、ちぎれたところを中を割られて独走されトライ。(5-14)

13分(F):ラインアウトからG前に迫り、押し込んで野々村トライ(10-14)

 

以上

0 コメント

入会希望の方

入会希望の方は、運動のできる格好を用意して、試合案内のある現地に直接お越しください。

連絡時のご注意

お問い合わせのメールを頂く場合には、正確なメールアドレスをご案内ください。